自民党総裁選前に予備選挙開票 県連票は石破氏2票 菅氏1票

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.13 22:41

 14日に行われる自民党の総裁選挙を前に県内の党員・党友を対象に行われた予備選挙の開票が行われました。

 開票作業は富山市で行われ、投票率はおよそ64%でした。
 県連は割り当てられた3票を得票数に応じて配分することにしていて、複数の関係者によりますと、県連票は石破氏2票、菅氏1票となりました。

 一方、石破茂元幹事長は13日、高岡市を訪れ講演しました。

 石破茂元幹事長
「わが自由民主党が本当に支持をもらっている富山で、いつの時代も国を変え歴史を変えるのは都の偉い人ではない」「地方の1人1人の大衆のみなさん」

 新総裁は国会議員票と、各都道府県連票の合計で決まります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース