酒気帯び運転の警察官 懲戒免職処分

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.10 19:03

 先月、高岡市で酒気帯び運転をして逮捕された警察官の男について、富山県警は10日、最も重い懲戒免職処分としました。

 免職処分となったのは、県警察本部通信指令課の元巡査で、高岡市角の米田涼悟容疑者(25)です。

 県警によりますと、米田容疑者は先月12日未明、酒に酔った状態で車を運転し、高岡市野村の県道交差点で信号無視をしたところを警察車両に発見され逃走。およそ1.4キロ離れたところで田んぼに脱輪し、その場で現行犯逮捕されました。

 処分は10日付けで、検察が任意で捜査を進めています。

 また県警は、自宅で児童ポルノ動画などをネット上で公開したとして、富山県警の巡査が愛知県警に書類送検されていたことを明らかにしました。県警は今月3日付けで、この巡査を減給1か月の処分としています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース