県知事選 警察が取締本部設置 警告15件

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.08 19:13

 来月8日に告示される富山県知事選挙に向けて、県警察本部は8日、選挙違反の事前取締本部を設置しました。すでに15件の警告があり、警告がなかった前回選挙を大幅に上回っています。

 事前取締本部は、県警の大原光博本部長をトップに、県警と県内15の警察署に置かれ、1292人態勢で選挙違反の取り締まりにあたります。

 県警によりますと、8日までにすでに違反の警告が15件あり、警告がなかった前回2016年を大幅に上回っています。県警は、「各陣営の活発な活動がみられる」として、SNSなどを使った選挙運動にも注意を払うとしています。

 任期満了に伴う富山県知事選挙は来月8日告示、25日投開票です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース