自民党総裁選挙 県出身国会議員の支持は

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.08 19:05

 自民党総裁選挙が8日、告示されました。県選出の自民党国会議員の支持状況は、石破さんが1人、菅さんが3人、岸田さんが1人となっています。

 自民党総裁選挙には、石破元幹事長、菅官房長官、岸田政調会長の3人が立候補し、新型コロナウイルス対策など、それぞれが目指す政策や考えを主張しました。

 県選出の自民党国会議員の支持状況です。石破さんには橘慶一郎衆議院議員が支持を表明しています。細田派に所属する田畑裕明衆議院議員と野上浩太郎参議院議員、それに竹下派の堂故茂参議院議員は、菅さんを支持しています。また岸田派の宮腰光寛衆議院議員は岸田さんを支持です。

 総裁選の投票は今月14日で、国会議員1人1票と、各都道府県連3票ずつの、あわせて535票で争われます。自民党富山県連は県内の党員・党友を対象に、3票の割り振りを決める予備選挙を行っていて、総裁選投票日前日の13日に開票します。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース