新型コロナ対策など県補正予算案提出

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.08 11:50

 石井知事の任期満了直前の県議会9月定例会が8日開会し、新型コロナウイルス対策など一般会計で667億円余りの県の補正予算案などが提出されました。9月補正としては、過去最大規模です。

 県議会本会議で提出された県の9月補正予算案は、一般会計で667億円余りと過去最大規模で、このうち新型コロナウイルス対策が533億円と全体の8割を占めています。

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を抑制するため、生後6か月から小学6年生までのインフルエンザ予防接種費用への支援や、感染検査体制と患者受け入れ態勢の強化、中小企業への資金繰り対策などが盛り込まれています。

 石井知事の任期満了直前となる県議会9月定例会は、今月28日までです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース