富山市のそば店火災 死亡は店主の妻と判明

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.07 20:17

 富山市で6日夜、そば屋兼住宅を焼いた火事で、亡くなった女性の身元が、連絡の取れなくなっていた店主の妻であることが、警察の調べでわかりました。


 この火事は7日午後9時ごろ、富山市諏訪川原のそば店経営・藤井外次郎さん(83)の店舗兼住宅から火が出て、木造3階建ての建物およそ82平方メートルを焼いたものです。この火事で、藤井さんと、藤井さんを助け出した男性、それに藤井さんの妻とみられる女性1人が病院に運ばれ、このうち女性の死亡が確認されていました。
 警察が調べた結果、亡くなったのは藤井さんの妻の照子さん(84)でした。死因は特定されていません。
 警察と消防が実況見分したところ、2階の西側にある居間の燃え方が激しく、ここが火元とみられます。
 照子さんは2階の寝室で見つかっていたということで、警察が引き続き、死因や出火原因を調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース