県内 フェーン現象で猛暑日に

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.07 19:21

 九州などに被害をもたらした台風10号は、富山県内では雨や風による影響はありませんでした。ただ、台風に向かって吹き込む南風の影響でフェーン現象となり、富山市や高岡市などで猛暑日となりました。そして台風が過ぎ去った今週は秋の気配が濃くなります。秋雨前線の影響でくもりや雨の日が多くなるでしょう。

 台風10号は、日本海にあり、日本を離れて北上中です。県内では、台風10号による雨や風などの直接的な影響はありませんでした。

 一方、台風に向かって吹き込む南風が山から吹き下すフェーン現象となり、最高気温は富山市で36.8度、高岡市伏木で36.2度、氷見市で35.4度など観測地点4か所で猛暑日となりました。8日も予想最高気温が富山市で37度、高岡市伏木で35度と猛暑日の見込みです。

 しかし、その後は、寒気を伴なう気圧の谷と、太平洋高気圧がせめぎあい、秋雨前線が北陸の上空に停滞する予想です。

 このため、県内は曇りや雨の日が多くなる見込みです。そして、来週月曜日14日には、秋の空気に入れ替わるとみられ、暑さは落ち着きそうです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース