夏野修砺波市長 3選立候補を表明

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.07 18:54

 砺波市の夏野修市長は、ことし11月に行われる市長選挙に3回目の当選をめざして立候補することを7日、市議会で表明しました。

 7日の砺波市議会本会議で、自民党議員会会長の稲垣修市議が市長選挙への考えを尋ねたのに対し、夏野市長は次のように述べました。

 夏野修市長「今後とも多くの市民の皆さんのご理解とご支援をいただけるのであれば、引き続き砺波市政を担わせていただき、皆さんとともに全力を傾注していく決意をしたところであります」

 夏野修市長は65歳、県の局長を経て2012年に砺波市長に初当選し、前回は無投票で再選されました。
 砺波市長選挙は11月8日告示、15日投票です。今のところ、夏野市長のほかに立候補の動きはみられません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース