高等学校スポーツ交流大会 各地で8競技 熱戦繰り広げる

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.08.01 18:33

 高校スポーツ交流大会が県内各地で開催され、1日は8つの競技が行われ、熱戦が繰り広げられました。

 このうち登山競技は1日、大会初日を迎え、4校42人の高校生が参加しました。

 登山競技は1チーム4人制で、登山による体力審査に加えてテントの設営や炊事など2日間の審査の総合点で順位が決まります。

 1日は、テント設営の競技などが行われ、高校生たちは10分間の制限時間の中でテントを完成させるため、声を掛け合い組み立てていました。

 富山中部高校の部員
「最後までしっかり時間内に立てられて余裕もあったので、会心の出来です」

 あすの猿倉山での登山の審査を経て総合順位が決まります。

 一方ボート競技では、青空のもと男女各3種目で熱い戦いが繰り広げられました。

 5人乗りで競う舵手付きクォドルプル男子は、八尾高校と富山工業高校がデッドヒート。接戦を制した八尾高校が優勝しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース