富山大空襲の犠牲者などをしのぶ

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.08.01 17:39

 75年前の富山大空襲で犠牲となった人や、富山の発展に貢献した先人をしのぶつどいが1日、富山市で開かれました。

 この「富山市民感謝と誓いのつどい」は、およそ3000人が犠牲となった富山大空襲を語り継ぎ平和の尊さを考えようと、富山市などが毎年行っています。

 ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の参加は受け付けず、例年の500人規模から20人の代表献花のみに縮小されました。

 実行委員会 北岡勝会長
「縮小された会場になってしまったことは大変残念に思いますけれども、1年1年心新たにしていきたい」

 出席者は順に花を手向けて、平和への誓いを新たにしているようでした。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース