舟橋村長選 前副村長が立候補表明

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.08.01 17:35

 今年12月に見込まれる舟橋村の村長選挙に向け、前の副村長が1日、立候補を表明しました。

 現職の村長もすでに立候補を表明していて、40年ぶりの選挙戦となる可能性があります。

 立候補を表明したのは、舟橋村海老江の農業、古越邦男さん(67)です。

 古越さんは、村の総務課長などを経て去年3月まで副村長を務めました。

 1日の後援会設立総会で古越さんは、「誰もが安心して生活できるよう災害に強いまちづくりを進めるほか、教育環境や農業経営基盤の整備などに取り組みたい」と訴えました。

 村長選挙をめぐっては、金森勝雄村長(76)がことし3月の村議会で立候補を表明しています。

 村の選挙管理委員会によりますと、村長選は1980年を最後に9回連続無投票となっているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース