ようやく1学期終業式 短い夏休みへ

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.07.31 19:14

 学校は、新型コロナウイルスの影響で春に休校があったため夏休みの開始が遅くなっています。こうしたなか、滑川市や魚津市などの小中学校では県内で最も早く31日、1学期の終業式が行われました。

 31日に終業式が行われたのは滑川市、魚津市、黒部市の小中学校と、入善町の小学校です。このうち滑川中学校では、生徒の密集を避けるため、2、3年生は体育館で終業式に臨んだのに対し、1年生は別室でモニターを通して参加しました。滑川中学校の夏休みは8月1日から23日間です。

 滑川中学校 東城浩一校長
「今までのように自由にどこでも行けるような夏休みではないかもしれません。ただ、家族とは時間を作って仲良く、思い出を作ってもらいたいと思う」

 また授業時間の不足を補おうと31日は、終業式の後も夕方まで授業を行いました。

 1学期の終了が延びている県内の小中学校は、8月8日までにすべての市町村で夏休みに入りますが、夏休み期間は例年より2週間から3週間ほど短くなります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース