県一般職員の平均は75万9347円

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.06.30 19:31

 公務員に30日、夏のボーナスが支給されました。県の一般職員の平均支給額はおよそ76万円で、支給月数は増加しているものの、平均年齢が下がったため額としては1500円あまり減りました。

 県によりますと、特別職と一般職員あわせておよそ1万5000人へのボーナス支給総額は、124億5000万円余りで、このうち、一般行政職員の平均支給額は75万9347円と去年の夏より1563円減りました。これは職員の平均年齢が下がったためで、支給月数自体は0.025か月増加しています。

 特別職の最高額は石井知事の320万円余りでした。

 一方、民間企業のボーナスの状況です。連合富山によりますとボーナスの要求を会社側に提出した163組合のうち111組合が今月24日までに妥結していて、平均額は62万円あまりと去年を3万円あまり下回っています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース