ベトナム人技能実習生の殺人事件 追起訴

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.06.30 19:07

 富山市のベトナム人技能実習生が殺害された事件で、富山地方検察庁は30日、死体遺棄の罪で起訴した同居の男を殺人の罪で追起訴しました。

 追起訴されたのは、ベトナム国籍の技能実習生 ゴ・コン・ミン被告(20)です。

 起訴状などによりますと、ミン被告は、ことし4月2日ごろ自宅アパートで同居していたグエン・ヴァン・ドゥックさんに対し、殺意を持って首を包丁で突き刺し殺害したとされています。

 この事件を巡っては、裁判所がミン被告の殺人容疑での勾留を認めないという異例の事態になっていました。

 このため検察は殺人容疑についてはミン被告を任意で調べ30日、起訴しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース