三世代交流で七夕飾り作り

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.06.28 12:21

 砺波市では28日、お年寄りから子どもまでが一緒に七夕飾りを作りました。

 砺波市栴檀山地区では約30人が集まり、地元の竹を使って七夕飾りを作りました。

 この地区では、以前は子どもの行事として七夕飾りを作っていましたが、少子化の影響などで、ことしはお年寄りや親子連れも参加する「三世代交流イベント」として行いました。

 栴檀山公民館の前田英晃館長は「地域出身の親子などが休みの日にでも子どもを連れて来てもらって触れ合いの輪ができれば」と話していました。

 作った七夕飾りは、それぞれ自宅で飾るということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース