県議会 新型コロナ対策など補正予算案を可決

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.06.26 19:22

 県議会の6月定例会は26日、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ県の補正予算案などを可決して閉会しました。

 26日の本会議では、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波への対策などを盛り込んだ一般会計で、およそ358億円となる県の6月補正予算案を全会一致で可決しました。

 また、来月末で任期満了を迎える金岡克己公安委員の後任を、富山大学元副学長で、現在、富山大学ダイバーシティ推進センター長の神川康子さんとすることなど、2つの人事案件についても全会一致で同意しました。

 女性の公安委員就任は神川さんがはじめてです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース