黒部ダム 観光放水はじまる

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.06.26 19:16

 雨のなか、マスク姿で観光客が訪れました。今月19日から営業を再開した立山黒部アルペンルートの黒部ダムで、26日から毎年恒例の観光放水が始まりました。

 観光放水は夏場に水位が下がる黒部川の景観維持を目的に1961年から関西電力が行っています。高さ186メートルから、勢いよく放出される水は毎秒10トンから15トン。

 26日はあいにくの雨でダムの背景に広がる雄大な自然を望むことはできませんでしたが、訪れた人たちは放水が描く迫力あるアーチを写真に収めるなどして楽しんでいました。

 観光客「水の威力がすごくて、迫力がすごくて、驚きました」

 「コロナの影響とかもあって、なかなか行く機会ができなくて今回行くことができてよかった」

 この観光放水は、紅葉シーズンの10月15日まで毎日行われる予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース