富山リハビリテーションホーム公開

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.23 18:21

 新型コロナウイルスのクラスターが発生した富山市の富山リハビリテーションホームの施設内に陽性者がいなくなったことを受けて23日、施設側が報道機関の取材に応じました。

 富山リハビリテーションホームでは、59人が感染していましたが、今週に入り、施設内に残っていた3人の陽性入所者を、医療機関へ搬送し、これまでに陰性になった人や亡くなった人を含めて21日、施設内の陽性者がゼロになっていました。施設には現在、33人が入所していて全員が陰性です。

 23日は、消毒中の5階を除き、すでに消毒が済んでいる3階から7階までの入所者フロアのほか、8階の食堂と9階の浴室を公開しました。

 また、スタッフはこれまで防護服を着ていましたが、23日から軽装備に切り替えています。(※応援のスタッフは契約上、防護服を着用)

 県介護老人保健施設協議会が、追加で派遣している介護福祉士の期限は今月末までの予定で、今後の運営にはスタッフの確保が課題となっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース