医療従事者へ 宇奈月温泉の女将が入浴剤贈る

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.22 19:41

 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている宇奈月温泉の旅館の女将たちが、医療従事者に疲れを癒してもらおうと22日、特製の入浴剤を贈りました。

 入浴剤を贈ったのは、温泉街の旅館の女将でつくる「かたかご会」のメンバーです。宇奈月温泉特製の入浴剤「つべつべ宇奈月」500個を県医師会に贈呈しました。

 かたかご会・濱田昌子会長「先生方には私たちの命を守っていただいていると思っています。ゆっくり体を休めることが大事だと思いますので、日頃の緊張を解いていただければと思います」

 温泉街では、観光の目玉である黒部峡谷トロッコ電車が現在も今シーズンの運転を開始できず、旅館も休業が続いていましたが、22日からホテル黒部が県内客に限定して営業を再開し、その他の旅館も来月から順次、再開する予定だということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース