中国の「富山ファン」友情のマスク寄贈

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.22 11:45

 富山に滞在経験があるなど県にゆかりのある中国人の団体が県へマスク3万4000枚を寄贈しました。

 県へマスク3万4000枚を寄贈したのは、富山県に研修や留学などで滞在した経験のある中国人の団体「富山ファン倶楽部」です。県は団体の代表らとオンラインで会談し感謝の気持ちを伝えました。

 今回の寄贈は、県が2月上旬に新型コロナウイルスの感染が拡大して、マスク不足となっていた中国へマスク1万枚を贈ったことの返礼の意味も込められています。

 中国の団体「富山ファン倶楽部」の趙建国代表は会談で「ともに新型コロナウイルスと戦い、勝利を収めましょう」と語りました。

 寄贈されたマスクは教育機関などに配布されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース