石井知事 臨時交付金3兆円求める

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.20 19:23

 全国知事会による新型コロナウイルス緊急対策本部の会合が、20日テレビ会議方式で開かれ、石井知事は政府から地方への臨時交付金を総額3兆円まで増額するよう求めました。

 全国知事会のテレビ会議では、新型コロナウイルスに関する国への緊急提言の内容を議論しました。

 石井知事は「効果的な対策を実施するには臨時交付金の増額が必要である」と述べ、政府が今年度の補正予算で1兆円を計上している臨時交付金について、3兆円まで増額するよう求めました。

 増額分は雇用の維持など社会経済活動対策や医療の充実などに活用するとしています。石井知事など知事会のメンバーは、会議で取りまとめた臨時交付金の増額について北村内閣府特命担当大臣に求めました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース