クマが平野部に…改めて注意を

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.18 20:16

 17日富山市の平野部にクマが現れ、女性2人が襲われるなどしてけがをしました。県内では今月、クマによる人への被害は2件目です。専門家は「この時期の平野部でも偶発的にクマと出くわすおそれはある」と注意を呼びかけています。

 住宅地の通りを右から左へ駆け抜けていくクマ。17日、人への被害が発生した現場のすぐそばで、住宅の防犯カメラに映っていた映像です。

「防犯カメラがクマをとらえた場所のすぐ後ろにあるこちらの畑で、女性は襲われたということです」

 17日午前、富山市石田で、まず92歳の女性がクマが現れたため驚いて転倒し左足を骨折。さらに84歳の女性がクマに右腕と右足をかまれて大けがをしました。

 防犯カメラがクマをとらえたのが午前9時26分ころ。84歳の女性が畑で襲われたと119番通報があったのが午前9時32分だったことから、クマは防犯カメラに姿をとらえられた直後に女性を襲ったとみられます。

 防犯カメラの持ち主「カメラで見えたのは、黒い車の向こうからポコポコポコっと、ここを飛び越えてそちらへ逃げていった」

 2人を襲ったクマはその後、近くの住宅敷地の茂みで射殺されました。

 こちらは17日午前8時半ごろに、被害現場に近い北陸自動車道ののり面付近でクマの姿をとらえた写真です。田畑と住宅地が広がる平野部にクマは姿をみせていました。

 クマの生態に詳しい専門家は、えさを求めて人里に迷い込むケースはこの時期もあり得ると指摘します。

 県自然博物園ねいの里 野生鳥獣共生管理員 赤座久明さん「明け方になって明るくなってくると、帰り道を見失って非常に神経質になって、出会った人に攻撃を加えるようになる」


 県はツキノワグマ出没警報を出して、警戒を呼び掛けています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース