新型コロナ影響で 滑川市が給食無料化など支援へ

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.18 20:10

 滑川市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響への支援として、小中学校の今年度の給食費を無料にするなどの対策事業を行います。

 滑川市は18日、感染拡大による影響への支援として総額およそ3億円、17の事業を行うとしました。

 このうち、市内の小中学校の今年度の給食費の無料化に1億3200万円、市内で飲食店を営むすべての事業者に一律10万円を給付する事業に1300万円、7月から9月請求分の水道基本料などの減免に3000万円、児童扶養手当を受給するひとり親などに対し、児童1人あたり3万円を給付する事業に720万円をあてるとしています。

 6月の定例市議会に予算案を提出する予定ですが、飲食店の事業者への給付やひとり親などへの給付は今月中の実施を目指します。

 このほか、市内でのみ利用できるプレミアム商品券の発行や、市の施設にマスク、間仕切り、ダンボールベッドなどを確保することなどを盛り込みました。事業の実施は国の地方創生臨時交付金や特別職の給与削減などで対応するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース