ドライブスルーのPCR検査センター設置

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.18 20:02

 新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の体制強化を図ろうと、県と富山市は、かかりつけ医の紹介ですぐに検査が受けられるセンターの運用を18日から富山市内で始めました。

 名称は「富山医療圏PCRセンター」で、県と富山市が委託し、富山市医師会、滑川市医師会、中新川郡医師会が共同で運営します。場所は非公開ですが、富山市内の屋外でドライブスルー方式を採用し、防護服を来た医師が車の中にいる人から検体を採取します。

 検査を受けられるのは、かかりつけ医から紹介された人だけで、週に数回、平日の午後に2時間程度、センターを運用する方針です。運用初日の18日は予約が始まりました。今後1日に10件から20件程度検体を採取し、県外の民間検査機関で検査します。

 県内ではこのほか、県と小矢部市医師会がセンターの運営を検討しています。

 そして感染拡大の影響によるイベントの中止です。8月8日から10日に富山市で予定されていた富山まつりの中止が決まりました。中止は初めてだということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース