緊急事態宣言解除から初の週末 街に人の姿はまばら

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.16 17:45

 県の外出自粛や休業などの要請が緩和されてから初めての週末になりましたが、街に人の姿はまばらでした。

 富山市総曲輪の商店街では、買い物や飲食店で食事をする人、美容院などに訪れる人の姿がありましたが、その数はまだまだ少ない印象でした。

 街の男性
「そんなに変化はないような感じですけどね」

 街の女性
「感染のリスクが下がっているという印象がないので、家が近所なんでこの辺は出歩きはするんですけど、不安な状況は続くかな」

 また、引き続き営業を自粛する飲食店もありました。

 店の人
「まだ客足のほうは落ち着いてないから私らもなんとも言えない、今みんなこのまま少しずつでも離れながら自粛しながらやるのが1番だと思う」

 県は引き続き、感染症対策の徹底を呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース