「ステージ2に移行」 新しい日常へ 外出自粛・休業要請緩和

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.15 19:48

 政府は14日夜、富山県など39県に出していた緊急事態宣言を解除しました。

 県からの外出自粛要請や休業要請が15日から緩和され、店舗などでも再開へ準備がすすんでいます。


「緊急事態宣言の解除から一夜明けた富山駅です。あいの風とやま鉄道の駅員によると通勤する人の姿は昨日より多くなったということです」

 15日朝。

 富山駅ではマスク姿で通勤する人の姿が見られました。

 20代女性(接客業)
「人と接する仕事してるので、もうしばらくは、もうちょっと延長してくれたらよかったかなとは思います」

 70代男性
「妥当だと思う、やっぱりかなり収まってきていると思いますよ」

 20代男性(鉄道関係)
「公園行ったりとか、いまごはん屋さんとか閉まるの早いじゃないですか、そういうところにみんなで行きたいです」

 一方、富山市中心商店街では買い物客の姿はまだまばら。

 店の人
「お客さんには来てもらいたんですけど(三密を避けるために)要は混まないようにしていかないといけないので、売り上げ下がってでも密をつくらないように営業していなばければいけないという難しさありますし、解除になったとはいえ、お客さんがよろこんで街に出られるかといったらそうじゃないと思いますね」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース