緊急事態宣言の解除調整で石井知事 日常活動再開へ基本方針提示

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.13 19:15

 政府が14日にも緊急事態宣言の解除を調整していることを受け石井知事が記者会見し活動再開への指針を発表しました。

 3つのステージを設け現在の自粛の体制を段階的に解除するとしています。

 石井知事
「5月15日を目途に、県民の皆さんの外出自粛、あるいは事業者の皆さんの休業要請、これをステージ2に緩和したいと思っております。」

 会見した石井知事は「外出自粛」や「休業要請」の対策をしている今の状態を「ステージ3」と設定し、直近1週間の平均の入院者数や新規陽性者数など判断基準となる5つの指標が、今月7日以降すべて基準値を下回っていることからこの状態が続く前提で、15日をめどに「ステージ2」に緩和すると述べました。

 ステージ2では、新しい生活様式を徹底しながら、外出自粛の一部緩和や食事提供施設での酒類の提供時間を繰り下げます。

 その後も判断基準を下回る状況が1~2週間程度続けば、さらに対策を緩和する「ステージ1」に移行するとしています。

 ただ、再び感染者の増加が続く場合は対策を強化する方針です。

 石井知事
「第二波、第三波ということも、いろんな有識者がおっしゃっておられるように、十分考えられるわけですから、そういったリスクも承知しながら、県民のみなさま、また、事業者の皆様にはですね、それぞれのお立場で、よし、やるんだ!ということでご尽力いただければありがたい」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース