県有識者会合 自粛を段階的に解除の方向で話し合い

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.05.13 12:03

政府があすにでも特定警戒都道府県以外の
富山をふくむ34県を一斉に解除する方向で
調整していることを受け、
石井知事が県内の医療関係者と話し合いました。
県内でも現在の自粛の体制を段階的に解除する方向です。

県庁で行われた会合には県医師会の馬瀬大助会長、
県公的病院長協議会の野田八嗣会長、
そして富山大学医学部の山本善裕教授が出席しました。
石井知事は、
この1週間は新規の感染者数が落ち着いてきたとしたうえで
「県として今後の新型コロナウイルスに対する
ロードマップ=対処方針を議論したい」と述べました。
会合は冒頭を除いて非公開で行われ、
終了後に馬瀬会長が取材に応じ
「学校や商業活動など
これまで県民に協力いただいた自粛を徐々に緩和する方向になる」と述べました。
県はきょう午後3時から臨時の記者会見を開き、
石井知事が会合の内容を説明します。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース