秋深まる阿蘇 幻想的なイチョウ

この記事をシェア

  • LINE
熊本2020.10.16 18:37

秋風に揺れるススキ。小国町では大イチョウのライトアップも始まった。夜になるとさらに幻想的に…。

夕陽に照らされ黄金色に染まるススキ。秋風に揺れる様子も幻想的でまさに阿蘇を代表する風景だ。
行楽シーズンということで大自然を写真に収める観光客の姿も…

大阪の旅行客
「自然が作った雄大な風景というのが阿蘇の良さ。何度も来ているが毎回阿蘇を見るたびに阿蘇は良いなと思う」

阿蘇市の最低気温は12.4℃と平年より高くなったが日中は気温が上がらず肌寒い一日となった。

阿蘇郡小国町では県内最大のイチョウとして知られる「下城の大イチョウ」のライトアップが始まった。

樹齢は1000年以上。国の天然記念物にも指定され、高さが25メートルもある小国町のシンボルだ。

福岡の観光客
「夜は初めて来た。昼は何度か見たが夜はすごい。見事だ大きい、びっくりした」

イチョウはまだ青葉の状態だが小国町によるとこれから見ごろを迎える。ライトアップは来月9日までの予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース