球磨川治水 川辺川ダムで賛否

この記事をシェア

  • LINE
熊本2020.10.16 18:22

年内にも球磨川の治水対策をまとめるとしている蒲島知事。その参考にするため開催しているのが住民の意見を聞く会。2日目の16日は注目の川辺川ダム建設で賛否が分かれる形となった。

八代平野北部土地改良・入江健二専務理事
「1人でも多くの命が救われたのであればダムは必要ではないか」
八代漁協組合・瀧川和徳組合長
「ダム建設については漁協としては反対。今まで市房ダム、瀬戸石ダム、荒瀬ダムと建設されたが、その度に海に与える影響は大きい」

午前中の会合には商工会や漁協組合など16の団体が集まった。

球磨川の治水対策をめぐっては国は川辺川ダムがあった場合、八代市坂本町では水位を約1.2メートル下げることができたとしている。

八代市の会場は川辺川ダムについて賛否が分かれる形となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース