横断中の高齢男性 死亡事故

この記事をシェア

  • LINE
広島2020.11.22 12:10

事故があったのは、広島市安佐南区八木2丁目の県道だ。
22日午前3時半頃、北に向かって進んでいた軽乗用車が、道路を歩いて横断していた高齢の男性をはねた。

この事故で近くに住む横山三郎さん(83)が全身を強く打ち、病院に搬送されたがまもなく死亡した。
軽乗用車を運転していた31歳の男性にケガはなかった。

現場は片側1車線の直線道路で、信号機や横断歩道はなかった。警察は、運転手の男性に話を聞くなどし、事故の原因を調べている。

今年、県内で発生した交通事故による死者は60人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース