河井容疑者から現金授受の町議が辞任

この記事をシェア

  • LINE
広島2020.06.29 12:01

河井容疑者夫妻による選挙違反事件を巡り、克行容疑者から現金を受け取っていた府中町の繁政秀子町議が「辞職願」を提出。29日の本会議で認められた。繁政町議は、去年5月河井克行容疑者から「安倍さんから」と30万円を渡され、受け取ったことを認めていた。一方、北広島町の宮本裕之議長が議長を辞任する意向を固め、全員協議会で審議された。宮本議長は、去年3月、克行容疑者から20万円を受け取ったという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース