福島・持続化給付金めぐる詐欺で2人逮捕

この記事をシェア

  • LINE
福島2020.10.15 18:48

福島警察署は15日、新型コロナウイルスの影響で、収入が減った事業者に支給される「持続化給付金」をだまし取った疑いで福島市の脇坂健嗣(51)容疑者と齋藤凌(27)容疑者を逮捕した。
2人は、ことし6月下旬、収入が減った事業者を装い、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。
警察は2人の認否を明らかにしていない。
持続化給付金をめぐる詐欺事件の検挙は県内で初めて。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース