北九州市消防局の男性消防士 昇任試験の問題盗む 懲戒免職

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.11.20 19:22

おととし、北九州市消防局の昇任試験に合格した30代の男性消防士が事前に問題を盗んでいたことが分かりました。北九州市消防局はこの消防士を懲戒免職し窃盗の疑いで告発しました。

懲戒免職の処分を受けたのは、門司消防署松ヶ江分署で勤務する33歳の男性消防士です。

男性消防士は、おととし6月ごろ昇任試験の問題を作成する担当者の机の引き出しから試験問題や人事情報が記録されたハードディスクを盗み、自分のUSBにコピーしたということです。

男性消防士は倍率21倍の試験に合格しました。

北九州市消防局によりますと、この消防士が問題を作成する担当者しか知りえない人事情報を、勤務先の同僚に伝えていたことでことし10月発覚しました。

男性消防士は「試験に合格したかった 複数回繰り返し盗んだ」と認めているということで北九州市消防局は、警察に窃盗の疑いで告発しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース