「立てこもり」で女児にケガ…男に判決

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.11.20 12:07

ことし4月、福岡市のうなぎ店で幼い姉妹を人質に立てこもり、ケガをさせた罪などに問われた男に対し、懲役7年の判決が言い渡されました。

判決を受けたのは、福岡市南区の無職、渡辺祐樹被告(36)です。

判決によりますと、渡辺被告はことし4月、元勤務先の福岡市南区のうなぎ店で、当時6歳と3歳の店主の娘を人質におよそ6時間にわたって立てこもり6歳の女の子の指や首に包丁でケガをさせるなどしました。

福岡地裁の神原浩裁判長は、「幼い女児を人質に要求を貫徹しようとした卑劣で、極めて危険な行為」とする一方、「最終的に人質を解放した」として懲役8年の求刑に対し、懲役7年の判決を言い渡しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース