福岡市の神社で七五三祈願 ことしは密を避けて分散傾向

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.11.15 12:19

きょう、11月15日は七五三の日です。福岡市の神社には、朝から家族連れが参拝に訪れています。

福岡市西区の愛宕神社では、けさ、七五三の子どもたちが本殿でご祈とうを受け、玉串を奉納していました。

ことしは新型コロナの感染防止で密を避けるため、祈願を行う拝殿の座席を50席から30席に減らしています。

愛宕神社には例年10月半ばごろから、あわせておよそ1500組が七五三の祈願に訪れますが、ことしは密を避けるためか1か月ほどスタートが早く、分散化の傾向がみられるということです。

愛宕神社では引き続き参拝の分散を呼びかけていて、来年3月末まで七五三祈願を受け付けています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース