北九州市が受験生と妊婦のインフルエンザ予防接種を一部助成

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.15 19:31

北九州市は受験生と妊婦がインフルエンザの予防接種を受ける際の費用の一部を助成します。

新たにインフルエンザ予防接種の費用助成の対象となるのは北九州市に住む中学3年生と高校3年生、そして妊婦です。

受験や就職活動を控えた生徒とインフルエンザが重症化するリスクが高いとされる妊婦を支援します。
今月26日から1人1回に限り1000円で接種できます。

北九州市では今月から65歳以上の高齢者は無料、医療、福祉、教育関連で働く人は1000円で接種できるよう助成を始めましたが今回、対象を拡大しました。

北橋市長は「新型コロナとインフルエンザのリスクが重なる秋と冬を 乗り越えるために接種をしてほしい」と呼びかけました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース