日韓結ぶ新型高速船クイーンビートル 福岡に

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.15 18:21

鮮やかな赤い船。福岡と韓国・釜山を結ぶ新型の高速船、クイーンビートルです。15日朝、博多港に到着しました。変わったのは見た目だけはありませんよ!

■記者
「先ほど到着した新型高速船がこちら!その名もクイーンビートルです」

乗った人が「女王様のようにくつろげるように」という思いを込めて名づけられた新型ビートル。15日朝、船が造られたオーストラリアからの到着を出迎えようと、多くの関係者やファンが博多港に集まりました。

■関係者
「ついに来たなと思いました」「思ったより大きいですね」

■見学に来た人
「かっこいいです。スケールの大きさが分かってよかったです」

これまでのビートルと比べ、船体の長さはおよそ3倍、定員は2.6倍の502人となっています。

さらに変わったのは船内での過ごし方です。これまでのビートルはシートベルトの着用が義務づけられていましたが、クイーンビートルは揺れにくく安定性が高いため、シートベルトは要りません。船内を歩き回りながら、船の旅を楽しむことができます。

豪華観光列車、ななつ星を手がけた水戸岡鋭治さんのデザインです。博多と韓国・釜山までの所要時間は35分延びて3時間40分となります。

ことし7月に予定していた就航は延期され、日韓航路の再開のめどは立っていません。運航するJR九州高速船は「コロナの終息と日韓航路の再開を待ちたい」と話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース