脱税が目的…“不正軽油”を一掃するため抜き打ち調査行われる

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.14 19:09

脱税を目的に不純物を混ぜてつくられた不正軽油を一掃しようと抜き打ち調査が行われました。

佐賀県神埼市ではきょう午前、県の職員が警察ととも通行するトラックを止めて燃料タンクから軽油を抜き取りました。

不正軽油は軽油に課税対象にならない灯油や重油を混ぜて水増ししてつくられるもので脱税を目的とした販売や使用が後を絶ちません。

さらに継続して使用するとエンジンの故障につながるほか排気ガスによる環境汚染の原因にもなります。

きょうの調査ではおよそ40台から軽油を抜き取りました。

佐賀県では今後の分析で不正軽油が確認された場合、流通経路などを詳しくしらべ、悪質なケースは警察への告発も検討するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース