JR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」試乗会

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.12 19:22

今週、運行がスタートするJR九州の観光列車「36ぷらす3」です。
きょう一足早く報道陣向けの試乗会が行われました。

今週金曜日に運行をスタートする「36ぷらす3」です!
車体は黒い森をイメージした重厚感のあるメタリック塗装。

きょうは、一足先に報道陣向けの試乗会が行われました。
「畳の車両がある!」
1号車は、靴を脱いで上がる、畳の個室です。
1部屋に最大4人まで入れます。

さらに・・・。
「ビュッフェでは食べ物や軽食を買うことができます」

全部で6両編成で車内は木がふんだんに使われた豪華でクラシックな内装となっています。
「ななつ星IN九州」をデザインした水戸岡鋭治さんが手がけました。

「36ぷらす3」のルートは全部で5つ。
曜日毎にルートが決められていてきょうは毎週月曜日に運行される博多-長崎間を試乗しました。

「今神埼市のあたりを走ってます
 綺麗な田園風景が広がってきました」

車窓もさることながら目玉の1つが各地の名店が腕によりをかけたランチ!
「豪華!2段になっています」
こちらは 福岡市の西中洲でミシュラン一つ星に輝く「日本料理 ながおか」のお弁当です。
佐賀牛など九州の食材が使われています。
「肉が柔らかくておいしい じゅわっと油が出てきます」

そして、途中の停車駅では―。
「手振ってくれて出迎えてくれている」地元の人々によるおもてなしも。
佐賀県鹿島市の「肥前浜駅」では、近くの酒蔵などで1時間ほど散策も楽しめます。

JR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」!
今週金曜日、鹿児島中央-宮崎間から運行スタートです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース