公職選挙法違反で宮若市議を書類送検 神社に50万円寄付の疑い

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.11 19:16

選挙区内の神社に50万円を寄付したとして、宮若市の市議が書類送検されました。

公職選挙法違反の寄付行為の疑いで書類送検されたのは、宮若市の宝部勝市議(68)です。

宝部市議は去年11月、選挙区内の宮若市の神社に、社務所のエアコン設備費として50万円を寄付した疑いです。

公職選挙法では、政治家による選挙区内での寄付行為が禁止されています。

宝部市議は「認識が甘かった」と容疑を認めているということです。

この寄付をめぐっては、別の市議がことし7月に直方警察署に告発状を提出していました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース