豪雨被災の熊本・芦北町の少年たち招き野球教室 ホークスOB 攝津正さんがコーチ

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.10 12:22

ことし7月の豪雨で被災した
熊本県芦北町の
子どもたちを招き、
福岡市で野球教室が開かれています。

野球教室には、
熊本県芦北町の小学生
およそ20人が参加し、
ソフトバンクホークスOBの
攝津正さんがをコーチを
つとめました。

この野球教室は、豪雨の被害や
新型コロナの影響もある中、
子どもたちに
思いっきり野球を楽しんでほしい
という思いから開かれたものです。

攝津さんから直接アドバイスを受け、
小学生たちは真剣な表情で
フォームなどを確認していました。

今後、芦北町での教室の開催も
検討しているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース