北九州市の中学校教諭が女子中学生にわいせつ行為 懲戒免職処分

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.10.09 19:19

勤務する北九州市の中学校の女子生徒にわいせつな行為をしたとして中学校の男性教諭が懲戒免職処分を受けました。

懲戒免職処分を受けたのは、北九州市の中学校に勤務する男性教諭です。

市の教育委員会によりますと男性教諭はことし4月から8月にかけて勤務していた中学校に通う女子生徒に複数回、わいせつな行為をしました。

男性教諭は休校期間中も生徒と会いわいせつな行為を繰り返していたということです。

女子生徒が男性教諭との関係を他の教諭に相談し発覚しました。

教育委員会の聞き取りに対し、教諭は「学校生活の相談を受けるため連絡をとるうちに親密になった」と話しているということです。

教育委員会は「決してあってはならない事案」として謝罪した上で、再発防止に取り組むとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース