福岡空港で航空会社合同の“おもてなし”

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.09.13 19:09

福岡空港に就航している航空会社が合同で利用客をもてなす「お見送りプロジェクト」が13日から始まりました。

これは福岡空港を管理運営する福岡国際空港が始めたもので、9つの航空会社のスタッフとともにメッセージボードを手に出発客を見送りました。福岡空港は新型コロナの影響で利用客が例年の半分以下に落ち込んでいます。そうした中、感謝の気持ちと心をひとつにがんばろうというメッセージを送ろうと合同で取り組んだものです。駐機場では「たくさんの飛行機が再び世界の空を飛べる日まで」と書かれた横断幕を掲げ見送りました。今月16日までの一部の便で行われる予定で、その後も「おもてなし」を広げていくということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース