台風で「ご神木」倒れた福岡・糸島市の神社 片づけ作業

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.09.08 16:36

台風10号の影響で糸島市の神社では、
ご神木のケヤキが倒れ本殿が壊れる被害がでました。

台風から一夜明けたきょうは氏子などが
片付け作業が行いました。

福岡県糸島市。
田園風景が広がる場所にたつ雉琴神社(きじこと じんじゃ)。

台風から一夜明けたきょう神社の氏子や大工など
およそ10人が折れた枝を集めるなど
片付け作業に追われていました。

「お参りの方もたくさんいるので
そのためにも少しきれいにしとかんと」

台風での被害を知り神社を訪れる人の姿も
ありました。

福岡市西区から訪れた人は
「時々、参拝させてもらっていたので、心配になって」

倒れた「ご神木」の撤去や
本殿の再建については
見通しが立っていませんが、
神社は
今月22日に神社で行われる「秋季大祭」にむけ、
できるところから復旧作業を急ぎたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース