福岡・粕屋町での女性殺害 殺人で起訴の男 起訴内容をおおむね認める

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.09.08 16:35

去年7月、福岡県粕屋町で
当時38歳の女性を
首を絞めて殺害したなどの罪に問われている男の裁判です。

初公判で男は起訴内容をおおむね認めました。

殺人や死体遺棄などの罪に問われているのは
住居不定・無職の古賀哲也(36)被告です。

起訴状によりますと古賀被告は去年7月、
粕屋町仲原で
自転車で帰宅途中だった当時38歳の女性の首を絞めて殺害し
近くの須恵川に遺棄したなどとされています。

きょうの初公判で古賀被告は起訴内容について
おおむね認めましたが
「最初から殺すつもりはなかった」と
殺意については一部否認しました。

検察側は冒頭陳述で
「被告は犯行後に再び現場に戻り自分の指紋を消したり
女性の持ち物を川に流すなど発覚を遅らせようとした」と指摘。

一方弁護側は「殺意はあったが強固ではなかった
被告は深く後悔し反省している」と主張しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース