台風10号で福岡県が災害対策本部会議 被害を確認

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.09.08 14:12

台風10号の影響について
福岡県はきょう、災害対策本部会議を開きました。
県内では13人がケガをしたほか、果物へも被害も確認されています。
きょう午前に開かれた災害対策本部会議には、小川知事らが参加し、台風10号の被害状況などを確認しました。
福岡県内ではこれまでに13人のケガが確認されていますがいずれも軽傷です
屋根が飛ばされるなど43棟の建物で被害が確認されています。
また久留米市や朝倉市などで柿、梨などの果物が落下する被害が起きています。
一方、佐賀県鹿島市では自宅2階の窓を補強中に転落した50代の男性が死亡。
そのほか佐賀県内では7人がケガをしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース