台風10号で福岡県6人 佐賀で4人ケガ

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.09.07 12:11

台風10号の接近に伴い、強風で割れたガラスでケガをするなど福岡県で6人、佐賀県で4人がケガをしました。

福岡市博多区で観測史上最大の39.1メートルを記録するなど強い風をもたらした台風10号。午前5時半ごろには糸島市の糸島総合庁舎で強風で窓ガラスが割れ、50歳の男性職員が頭と腕を切るケガをしました。北九州市小倉南区では原付バイクの20代の男性が転倒して軽いケガをし、警察は切れた電線に引っかかった可能性があるとみています。県内でこれまでに合わせて6人が軽傷です。このほか佐賀県では避難所で高齢の男女が転倒するなど4人がケガをしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース