コロナで登校控える生徒向けのオンライン授業始まる

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.07.31 12:27

新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで登校を控える中学生に学習の機会を提供しようと、北九州市でオンライン授業が始まりました。31日、北九州市の旧北小倉小学校の教室では、オンラインによる英語の授業が行われました。このオンライン授業は新型コロナ感染への不安など様々な理由で登校を控える中学3年生を対象に北九州市教育委員会が初めて実施したものです。29日から試験的な導入が始まり、31日の英語と数学の授業には、約10人が参加しました。北九州市教育委員会によりますと5月25日の学校再開以降、約90人の中学生が登校を控えているということです。国語や社会、理科も含めた本格的な実施は8月26日からで、平日は毎日3時間程度授業が行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース