市議会議員がコロナ感染 福岡市議会で消毒作業

この記事をシェア

  • LINE
福岡2020.07.28 12:02

福岡県内では27日、49人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。感染者のなかには福岡市議会議員も含まれていたことから、議会では28日、消毒作業が行われました。


消毒作業が行われたのは、感染が確認された鬼塚昌宏議員が所属する自民党福岡市議団の控室です。防護服を着たスタッフが薬剤で電話やテーブルなどを丁寧に拭き上げました。

自民党福岡市議団では今月20日、鬼塚議員を含む所属議員18人全員と会派の職員3人が福岡市中央区の焼き肉店で会食しており、同席した全員が28日、PCR検査を受ける予定です。

このため、福岡市議会ではきょう午前10時から委員会が開かれましたが、自民党会派の市議は欠席しました。議会事務局によりますと委員会は半数の出席があれば成立するため、影響はないとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース